traP Member's Blog

tsubuyakiss!! 進捗報告

clk
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
tsubuyakiss!!で主にサウンドを担当しているCLKです。

今回はPoサウンド担当のUynetの記事を丸パクリして我がチームが開発中のtsubuyakiss!!を、少しビジュアルと主にサウンドの側面から紹介しようと思います。

(その前に)tsubuyakiss!!とは

・ジャンル SNSで繋がる恋愛ADV(予定)
・ハード iOS/Android(予定)

まだまだ開発途中なので未確定要素も多いですが、端的に言うと「SNS(ツイッ○ー的なもの)で女の子と出会って仲良くなろう」という所謂「ギャルゲ」です。
完成は2016年6月を予定しています。

開発メンバーは

・プログラム 1名
・原画・イラスト 2名
・UIデザイン 1名
・脚本 1名
・BGM・SE 2名 ←ここにCLK
(ただし、†一部†出張業務あり)

の7名の正式メンバーとその他協力者の皆様(サークル内外問わず)の手で開発を進めております。

では本題を。

魅力的なヒロイン

「そもそもギャルゲ女の子が可愛くないとダメでしょ」とは、まさにその通りです。
しかしご安心ください。当ゲームには様々なせいh好みに対応できるかわい~い女の子たちを取り揃えております。
また、実際のゲーム画面ではLive2Dというエンジンを駆使し、リアルタイムで表情豊かな女の子とコミュニケーションすることができます。

 

以下のサンプルは実際にゲームに登場する「桃原美梨波」ちゃんです。

sample2

(イラスト・動画 kenji)

かわいい。

tsubuyakiss!!スタッフ渾身のBGM群

やはりギャルゲは雰囲気が大事!その雰囲気を演出するためにはBGMがちょー大事!!
というわけで身を引き締めてBGM制作を始めたCLK。
そして一瞬で詰まる。僕は作曲歴が比較的短く、しかも音楽理論を真面目に勉強してないので1曲作るのにもいつも苦心しています。
しかし気合でがんばる。

ソフトとか機材とか

僕は一応DAWのFL Studioは持っていますが、それ以外の機材はプロジェクト開始当時は持っていませんでした。
(正確にはSC-88proというハード音源を持ってはいましたが、繋ぐための周辺機材がないというアホな理由で実際には使えませんでした。
ちなみにSC-88proはUynetのSD-50と同じRoland製ですが、SC-88proの方が古いのでデカくて重いです。)

つまり僕は事実上音源を購入したことがないのと同じ状況なわけです。
「じゃあ曲なんて作れっこないじゃないか!」いえいえ、そんなこともありません。
DAW付属の音源とフリー音源で作ればいいのです。
とはいえ、やはり有料の総合音源に比べて扱いづらかったり音色のバリエーションが少なかったりと辛いものがあります。
そこで僕は思いつきました。
「音源がないなら手頃なフリー音源を持っているピアノだけで済ませればいいじゃない!」
クズの発想ですね。しかし格闘アクションならいざ知らず、ギャルゲにおいてはピアノオンリーの曲というのも十分威力を発揮するものです。たぶん。

具体的な手順

1、FL Studioを起動

2、FL上でフリーVST音源の「Piano One」を起動(この音源については過去にこの記事で紹介してあります)

3、フレーズを打ち込みます
僕はピアノをほとんど弾けないので、キーボードでは音の確認だけ行い、実際の音符はマウスで打ち込みます。

4、ベロシティ(強弱)を調節する
キーボードからの直打ちと違いマウスでは打鍵の強弱がつけられないので、一通り打ち込んだらベロシティのつまみを一つ一つ手で弄っていい感じに強弱をつけます。

5、エフェクトをかける
Piano One内部にもエフェクターがありますが、より聴こえが良くなるように外部エフェクターをうすーくかけます。

6、完成

完成です。(完成とは言ってない)

そんなこんなで「tsubuyakiss!!」鋭意製作中です。また追って情報が出る…かな?出るでしょう!
乞うご期待!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。